メリットが盛沢山のM&A|質のいい業者の見つけ方

低リスクで事業拡大を達成

メンズ

シェア拡大や多角化を実現

企業買収はM&Aの一手法で、ある企業が他の企業を株式の買取等によって子会社化することをいいます。株式ではなく、事業の譲渡という形で行われることもあります。株式の譲渡によって企業買収を行う場合は、その企業における過半数以上の議決権を獲得することを目指します。通常、2分の1以上の議決権を得ると普通決議の賛否を、3分の2以上の議決権を得るとそれに加えて特別決議の賛否をコントロールすることが可能になり、完全な支配下に置くことになります。企業買収は、さまざまな目的のために活用されます。たとえばシェアの拡大です。同じ業種の企業を買収すれば、その業界における地位を向上させることができます。また、同じ営業エリアに属する他企業を買収すれば、その地域における優越性を高めることが可能になります。一方、完全な異業種の企業を買収するケースもあります。この場合は、事業の多角化が主たる目的となります。特定の事業に偏らない収益構造を確立することで、市場動向や景気の変化等に対する耐性を強化します。これ以外にも、たとえば製造業者が同じ業種の小売業者を買収するといったケースがあります。この場合は、営業力や価格競争力の強化が目的となります。こうした目的は、企業買収によらず自社内で新たな事業部門を立ち上げることでも実現は可能です。しかしその場合、人材育成や顧客の開拓等に手間と時間をかける必要があります。企業買収を活用すれば、迅速かつ効率的に経営戦略を実行に移すことができます。