メリットが盛沢山のM&A|質のいい業者の見つけ方

利点と難点をよく知ろう

男女

危険性はつきもの

企業買収とは買取元企業が買い取り先の企業の株式、現金などを手に入れて買い取り先の企業の支配権を得ることです。大企業の支配権などを得る株式を保有するには、莫大な量の資金が必要となります。よって企業買収は経営が安定していないと難しいでしょう。まずは中小企業などを買収から始めてみるといいかもしれないです。費用は大企業と比べて安く済みますし、経営規模が小さいので機転が利きます。企業買収には他にも利点があります。特に流通などのコストを削減できたり、商品を大量購入することによってもコストを削減することが可能です。特に、スーパーマーケットなどを取り扱っている企業からすると流通や商品の手間や価格が、安くなることはとても大きいです。そのほかに、事業の多角展開が可能になります。例えば、今まで1分野の産業しか取り扱っていなかった会社でも、企業買収すれば色んな事業を始めることができます。もちろん多角展開ではなく、事業の強化もできます。今まで少量しか生産できなかったものが、企業買収することにより資金が増え大量生産が可能になったりします。また自分の企業の弱点を補うことも可能です。今まで、できなかったもしくは苦手だった分野を、企業買収によって強化できます。一見メリットだらけですが、もちろんデメリットもあります。当然ですが企業買収したにもかかわらず、利潤が減れば損益は莫大なものとなります。ですから、企業買収で大きな資金を得たとしても、損益が大きいとプラスに転換することは難しいのです。これらを踏まえると、数年先の経営計画も重要となるのです。