メリットが盛沢山のM&A|質のいい業者の見つけ方

仲介業者を選ぶポイント

レディ

実績を重視すること

今や、M&Aは企業が成長するためには必要不可欠なものであり、経営戦略としても重要な役割を果たしています。例えば、国内を代表する大企業の中には、M&Aを専門とする戦略チームが見られるほどです。また、M&Aに関連する会社も業績を伸ばしており、上場企業は株価を大きく上げるなど、株式市場でも注目を集めています。基本的に大企業の中でもM&Aの戦略チームを持たない企業や中小企業が、他企業を買収する場合には、仲介業者を活用するのが一般的です。なぜなら、こうした業者はM&Aについて豊富なノウハウを持つメリットがあるからです。まず、会社を譲渡したいという企業があらわれた場合、仲介業者にその旨を打診するのが原則です。そして、本当に譲渡したいと考える企業は、M&Aの実績が豊富なコンサルティング業者に依頼するのが一般的です。すなわち、実績が豊富なコンサルティング業者であればあるほど、譲渡希望案件をたくさん抱えているというわけです。つまり、企業を買収する側としては、実績が豊富な業者を選ぶほど選択肢が増える可能性が高くなるメリットが生じるのです。したがって、仲介業者はM&Aの実績が豊富なところを選択するのが基本ということになります。また、M&Aのコンサルティング業者には、全国対応の業者と地域に密着した業者に分けられます。いずれを選ぶかは、貴社の経営戦略に基づいてメリットのある方を選択することになるでしょう。市場の拡大を狙うのであれば、全国対応や海外にも対応する仲介業者を利用したほうが、メリットが大きいと言えます。一方、地域に根ざした経営戦略がベースの企業の場合は地域密着の方が良いでしょう。このように、仲介業者の選択は、貴社の経営戦略に合っていること、そして実績を重視することがポイントになります。

男性

経営戦略としてのメリット

企業買収は経営戦略として見ると効率がよく優れている方法である。すでに販売ルートや商品群が確立されているため、リスクが少なく、時間とコストを削減できる。新たな商品の開発にもノウハウが得られる。目的により買収すべき企業は変わる。

男女

利点と難点をよく知ろう

企業買収には危険性を伴い、買収してもうまく経営がいかないとかなりの利益の損失になります。しかし、大量生産や流通の手間が省けることによって、規模の利益を上げることが可能になります。また自分の企業がやったことない事業や、苦手だった事業を強化や展開することができます。

メンズ

低リスクで事業拡大を達成

企業買収は、株式の譲渡等によってある企業が他の企業を支配下に収めることをいいます。市場シェアの拡大や事業の多角化等を目指して行われるのが一般的です。自前で新規に事業部門を立ち上げるよりも、低リスクかつスピーディに事業を拡大できるメリットがあります。